五月の思い出

気持ち、晴れ。

トップ記事

 

f:id:satooooooooo:20210910034550j:plain

(サムネ用)

初めまして。この度は閲覧ありがとうございます。

佐藤と申す者です。名字は佐藤です。(非公式)

当ブログ名はとある漫画の第118話から引用しております。

 

主にシングルバトルのランクマッチをしております。マリカもたまにします。

他の趣味だと、サッカー観戦や五等分の花嫁、水瀬いのりさんや東海オンエアが好きです。趣味の合う方がいれば是非お話ししましょう。

 

Twitter佐藤 (@Satooo_poke) | Twitter

Discord→佐藤#0839

 

【実績】

ポケモン自体は小さい頃からやっていましたが7世代からガチ対戦を始めました。

(7世代)

最高レート  1939 (USM)

f:id:satooooooooo:20200906162158j:plain

 

(8世代)※最終順位のみ記載

S1 S2 :未購入

 

S3:月末に購入、マスターボール級まで

 

S4:11705位 (1691)

 

S5:メイン1206位(1901)  サブ 118位(2095)

f:id:satooooooooo:20201024232923p:plainf:id:satooooooooo:20201001123200p:plainf:id:satooooooooo:20210910033231p:plainf:id:satooooooooo:20210910034107p:plainf:id:satooooooooo:20210910033604p:plainf:id:satooooooooo:20210910031901p:plain 

satooo4128.hatenablog.com

 

S6:メイン1403位(1896)  サブ576位(1987)

f:id:satooooooooo:20210910033527p:plainf:id:satooooooooo:20210910033720p:plainf:id:satooooooooo:20210910033231p:plainf:id:satooooooooo:20210910033852p:plainf:id:satooooooooo:20210910033908p:plainf:id:satooooooooo:20210910033922p:plain

satooo4128.hatenablog.com

S7:メイン49位(2067)  サブ7251位(1692) 

f:id:satooooooooo:20200802173501p:plain f:id:satooooooooo:20200701092533p:plain f:id:satooooooooo:20200701092644p:plain f:id:satooooooooo:20200701093804p:plain f:id:satooooooooo:20200701092501p:plain f:id:satooooooooo:20200802173433p:plain
satooo4128.hatenablog.com

 

S8:メイン337位(2010)   サブ170位(2049)

f:id:satooooooooo:20200802173454p:plain f:id:satooooooooo:20200701092501p:plain f:id:satooooooooo:20200802173415p:plain f:id:satooooooooo:20200802173425p:plain f:id:satooooooooo:20200802173420p:plain f:id:satooooooooo:20200802173507p:plainsatooo4128.hatenablog.com

S9:メイン439位(1969)  サブ698位(1928)

f:id:satooooooooo:20200802173415p:plainf:id:satooooooooo:20200802173132p:plainf:id:satooooooooo:20200802173420p:plainf:id:satooooooooo:20200802173454p:plainf:id:satooooooooo:20200802173507p:plainf:id:satooooooooo:20200802173433p:plain

satooo4128.hatenablog.com

 

S10:メイン216位(2011) サブ101位(2071)

 f:id:satooooooooo:20200802173454p:plainf:id:satooooooooo:20201001123057p:plain f:id:satooooooooo:20201001123200p:plain  f:id:satooooooooo:20200802173507p:plain f:id:satooooooooo:20201001123329p:plain  f:id:satooooooooo:20200722224513p:plain

satooo4128.hatenablog.com

 

S11:メイン186位(1966)

f:id:satooooooooo:20210910031701p:plainf:id:satooooooooo:20210910033433p:plainf:id:satooooooooo:20210910033446p:plainf:id:satooooooooo:20210910033527p:plainf:id:satooooooooo:20210910033543p:plainf:id:satooooooooo:20210910033604p:plainsatooo4128.hatenablog.com

 

S12:メイン1097位(1910)  サブ304位(2011)

f:id:satooooooooo:20210901204809p:plainf:id:satooooooooo:20210910033211p:plainf:id:satooooooooo:20210910033231p:plainf:id:satooooooooo:20210910033308p:plainf:id:satooooooooo:20210910031632p:plainf:id:satooooooooo:20210910031934p:plainsatooo4128.hatenablog.com

 

S13:両ROM最高2020くらい

f:id:satooooooooo:20210910033038p:plainf:id:satooooooooo:20210910033053p:plainf:id:satooooooooo:20210910031632p:plainf:id:satooooooooo:20210910032220p:plainf:id:satooooooooo:20210901204809p:plainf:id:satooooooooo:20210910031901p:plain
satooo4128.hatenablog.com

 

S14:396位(1952)

 

S15:メイン599位(1914)  サブ512位(1928)

f:id:satooooooooo:20210901204218p:plainf:id:satooooooooo:20210801103832p:plainf:id:satooooooooo:20210910032745p:plainf:id:satooooooooo:20210910032220p:plainf:id:satooooooooo:20210910031701p:plainf:id:satooooooooo:20210910032212p:plain

 

S16:メイン90位(2043)      サブ177位(2006)

f:id:satooooooooo:20210901204326p:plainf:id:satooooooooo:20210910032345p:plainf:id:satooooooooo:20210910032220p:plainf:id:satooooooooo:20210910032253p:plainf:id:satooooooooo:20210910031944p:plainf:id:satooooooooo:20210910032455p:plainsatooo4128.hatenablog.com

 

S17:160位(1972)

f:id:satooooooooo:20210901204150p:plainf:id:satooooooooo:20210910032212p:plainf:id:satooooooooo:20210910032220p:plainf:id:satooooooooo:20210910032253p:plainf:id:satooooooooo:20210910031901p:plainf:id:satooooooooo:20210901204803p:plain

S18:198位(1987)

f:id:satooooooooo:20210910031844p:plainf:id:satooooooooo:20210910031901p:plainf:id:satooooooooo:20210910031617p:plainf:id:satooooooooo:20210910031934p:plainf:id:satooooooooo:20210910031944p:plainf:id:satooooooooo:20210910031102p:plain

 

S19:94位(2001)

f:id:satooooooooo:20210910031102p:plainf:id:satooooooooo:20210910031617p:plainf:id:satooooooooo:20210910031632p:plainf:id:satooooooooo:20210910031642p:plainf:id:satooooooooo:20210910031058p:plainf:id:satooooooooo:20210910031701p:plainsatooo4128.hatenablog.com

 

S20:メイン270位(1910)  サブ31位(2028)

f:id:satooooooooo:20210910031058p:plainf:id:satooooooooo:20210910031102p:plainf:id:satooooooooo:20210801104014p:plainf:id:satooooooooo:20210801103859p:plainf:id:satooooooooo:20210801103942p:plainf:id:satooooooooo:20210801103832p:plain
satooo4128.hatenablog.com

 

S21:メイン84位(2106)  サブ1453位(1847)

f:id:satooooooooo:20210901204204p:plainf:id:satooooooooo:20210901204920p:plainf:id:satooooooooo:20210901204833p:plainf:id:satooooooooo:20210901204809p:plainf:id:satooooooooo:20210901204916p:plainf:id:satooooooooo:20210901204803p:plain

satooo4128.hatenablog.com

 

 

(葉桜杯)

第4回 予選抜け(4位) 本戦 初戦敗退(0-2)

f:id:satooooooooo:20201024231316j:plain

 

第9回 予選抜け(8位) 本戦 初戦敗退(1-2)

f:id:satooooooooo:20201024231353p:plain

 

第15回 予選抜け(8位) 本戦 全勝優勝(2-0 2-0 2-0)

f:id:satooooooooo:20201024231429p:plain

 

第29回 予選抜け(7位) 本戦    初戦敗退(0-2)

f:id:satooooooooo:20210910025937p:plain

 

第37回 予選抜け(5位) 本戦 優勝(2-1 2-0 2-0)

f:id:satooooooooo:20210910030455j:plain

 

 

 

【8世代目標】

8世代を始めたときに決めた目標ですので一部達成している項目があります。

 

最終2桁 

↳S7.16.19.20.21最終2桁達成

 

レート2100

↳S21最終レート2106達成

 

葉桜杯などの大規模大会で優勝 

↳第15.37回葉桜杯優勝

 

知名度を高める

 

・対戦オフ会に参加

 

リアルでのポケ勢の方との交流

↳8人くらいと会いました

 

 

記事の感想や質問などくだされば嬉しいです。

また、多くの人と仲良くしたいのでぜひ気軽に絡んでください。

構築相談などもお待ちしております。

 

稚拙な文章ですがここまで閲覧ありがとうございました。

 

 

【剣盾S27】イベザシマンムー【最終2103-10位】

f:id:satooooooooo:20220302175559j:plain

初めましての方は初めまして。佐藤と申す者です。

この度は満足のいく結果を残すことができたので記事にしようと思います。

 

 

【結果】

TN:CtR      最終10位/レート2103

f:id:satooooooooo:20220302175059j:image

TN:さとぅー      最終41位/レート2037

f:id:satooooooooo:20220302175109j:plain

 

【使用構築】

f:id:satooooooooo:20220302175122j:plain

 

【構築経緯】

0. f:id:satooooooooo:20220302173300p:plainf:id:satooooooooo:20210901204150p:plain

新シリーズということで何も開拓が進んでおらず、とりあえずパワーが高いと思ったザシアン+珠カイオーガを使用。

 

1.  f:id:satooooooooo:20220302173300p:plain f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain

カイオーガはトップメタであるが故にマークが厳しく、またDMエースとして必要な要素であるダイジェットが無いために動かしづらいと感じた。そこで技の一貫性があり、ダイジェットを使える伝説枠としてイベルタルを採用。

 

2.  f:id:satooooooooo:20220302173532p:plain

必然的に対面構築となるので、襷枠を考える。そこでシーズン中盤に使用したマンムーが相手に幅広く対応できたので採用。岩石封じを採用することで相手にしていて嫌なホウオウにも強くなる。

 

f:id:satooooooooo:20220302173300p:plain f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain f:id:satooooooooo:20220302173532p:plain

以上3体を基本選出とする。

 

3. f:id:satooooooooo:20210308185850p:plain

相手のメタモンにザシアンをコピーされた時を始め、物理に対しての汎用性を損なわない且つ、特殊相手にもそれなりに戦える相手としてアッキ怪電波サンダーを採用。

 

4.  f:id:satooooooooo:20220302173656p:plain

ザシアン・イベルタルと相手のザシアンに一貫を取られやすいため、相手の思考をバグらせる且つ抑制できるメタモンを採用。

 

5.   f:id:satooooooooo:20220302173736p:plain

カイオーガに自由に水技を打たれるのがストレスなため、相手の思考をバグらせる且つ抑制できるトリトドンを採用。

 

f:id:satooooooooo:20220302173300p:plain f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain  f:id:satooooooooo:20220302173736p:plain f:id:satooooooooo:20210910032220p:plain f:id:satooooooooo:20220302173532p:plain   f:id:satooooooooo:20220302173656p:plain

以上の6匹で構築が完成。

 

【個体解説】 

(※並び順に解説)

イベルタル@命の珠

f:id:satooooooooo:20220302171145g:plain

特性:ダークオーラ

性格:控えめ

実数値:201-×-116(4)-201(252)-118-151(252)

技構成:悪の波動/デスウイング/熱風/羽休め

 

<調整意図>

C:なるべくザシアンを落とせるように特化

 

最強の特殊アタッカー。ザシアンが誘う物理受けに強いことがもちろん、オーガと違って無効化されないメインウェポンというのが何より魅力であった。

終盤になるにつれてHDに厚いザシアンは減少していると感じたため、控えめにすることで珠ダイバーンでザシアンをワンパンすることができると睨んで軸に据えたが、実際に耐えられることはほとんどなかったため正解であったと言える。

Sラインが最速にしないのであれば若干過剰であるように感じたが、最速ザシアンや、特に終盤上位帯で多く感じた控えめイベルタル(恐らくSを削ってる)とのダイマ状態の撃ち合いで負けないように振り切った。実際にザシイベルミラーはこちらのザシアンとイベルタルが大体ミラー相手より上を取れてるためにほとんどの試合で拾うことが出来た。耐久に振って巨獣斬を耐えるようにするのも非常に強いと思うが、そもそもザシアンの巨獣斬を受けないようなプレイングを実現出来れば必要ないと感じたため、そこは己の技量を信じることで解決とした。

悪波・ウイング・熱風は確定として、ラスト1ウェポンを羽か挑発か不意打ちかで悩んでいたが、場持ち性能とダイウォール媒体をなる羽休めを採用した。イベルで1匹持って行ってからTODをする、といった試合も稀にあったため間違いではなかったと言える。また羽があるおかげでAに努力値を割いていないネクロズマにも後投げが割と安定したり、相手のダイマ枯らしのためにHPをフルにしたい状況(ダイマが切れた後にデスウイングでHP管理をしようとなると珠ダメが入る)があるのでそこを実現出来るのも強みであった。挑発や不意があれば、という試合もそこそこあったため多分結論はない。最上位帯で追い風と当たったが、めっちゃつえ〜、って感じた。ただ体力管理出来て最低限のサイクルを回せることの方が個人的に強いと思ったのでここは人次第かも。

ラスト3時間はガチの自覚個体だった。上から怯みが強え。こいつがいなければ絶対にこの順位はなかったと言っても過言ではない。

 

ザシアン@朽ちた剣

f:id:satooooooooo:20220302171048g:plain

特性:不撓の剣

性格:意地っ張り

実数値:181(108)-234(180)-136(4)-×-137(12)-194(204)

技構成:巨獣斬/じゃれつく/インファイト/電光石火

 

<調整意図>

H:余り

A:特化アッキサンダーがじゃれ×2で落ちるライン

BD:DL調整

S:???(遅いザシアン意識?)

 

(忘れた)(速くて火力高いザシアンしか使えないマン)

 

最強の物理アタッカー。上のイベルの項目でも述べたように、反対にイベルが誘う特殊受けを殴っていけるので相性は抜群であった。

特に明確な意図があるわけではない調整であるが、ここまでSを伸ばしていることでミラーは最速以外上を取れていたので正解であった。

後述するマンムーが初手ザシアンと対面した時に地震では倒すことが出来なく、対面負けてしまう。そこで礫圏内に入っているザシアンが、電光石火でマンムーを倒そうとするのに対してザシアンを後投げし、その対面でじゃれつくを選択することで裏にいるアッキサンダーが死んでくのが面白かった。これもSが速いから、という前提の元で成り立っている行動なのでこの調整は間違っていなかった。

巨獣・じゃれまでは確定として、ポリラッキーのノーマル勢やナットネクロを押していけるインファ、削り残しが多かったのでそこをスイープできる石火。ホウオウがきつかったり、リフレクダイナを考えるとワイボやサイコファングが欲しいこともあったがしょうがない話。

 

トリトドン@オボンの実

f:id:satooooooooo:20220302171919g:plain

特性:呼び水

性格:生意気

実数値:218(252)-103-89(4)-112-147(252)-53

技構成:熱湯/地震/自己再生/欠伸

 

<調整意図>

HD:オーガ意識で特化

 

オーガ受け。かつ一貫しがちな水・電気受け。

中盤に流行った身代わり瞑想オーガにも対応できるように地震にしたが終盤はそんなものいなかった。多分どっちでもいいし、大地で良かったと思う場面がなかったので万が一のことを考えて地震にしていた。オボンがあればオーガの珠アタックにも後投げが可能。

相手目線こいつでオーガを受けてくる、ということが見え見えなのでそこを読んだプレイングをされることが多かった。が、こいつの役割は見せポケでしかないので実際はあまり投げておらず、相手の思考をバグらせることにのみ一役買った。ただそれが大きすぎる役割で、トドンを出さなくても、オーガに破壊されるという事態はかなり減らすことができた。

 

サンダー@アッキの実

f:id:satooooooooo:20220302172026g:plain

特性:静電気

性格:図太い

実数値:197(252)-×-150(252)-145-111(4)-120

技構成:暴風/放電/羽休め/怪電波

 

<調整意図>

特化

 

ザシアンに雰囲気強そうなクッション枠として採用した。相手のザシアンを抑制するのみならヌオーでいいが、ヌオーをクッション1枠としてピンで選出すると結局不利対面を作った際にどうしようもなくなるので幅広くやんわりと対応できそうなサンダーにした。

物理以外にも怪電波があることで特殊を詰ませることができるので強かった。TODをしなければいけなさそうな試合は選出する。またホウオウにもそれなりに強そうなので投げる。

ただ基本選出でほとんど対応できるので投げる回数は少なめ。しかし投げた試合はめちゃくちゃ活躍した。

 

マンムー@気合の襷

f:id:satooooooooo:20220302172212g:plain

特性:鈍感

性格:意地っ張り

実数値:185-200(252)-101(4)-×-80-132(252)

技構成:地震/氷柱針/岩石封じ/氷の礫

 

<調整意図>

A:少しでも火力を伸ばすため特化

 

最強襷ポケモン。あらゆる構築に初手投げが安定する。初手に珠サンダー・珠エスバ・ザシアンなどいったザシアンやイベルを投げてしまうと速攻で負けてしまうポケモンも誤魔化すことができる。地震or氷柱+礫+ザシアンの石火で相手のDMもかなりの範囲で縛れるので強かった。めんどくさいジガルデに強いのも○

この環境において岩石封じという技がかなり強いように感じている。Sを上げさせないことでザシアンが上を取れる、といったプレイングが可能になる(例えば初手珠ゲロゲ対面岩石でザシアンが雨下のゲロゲも抜くことができる)。またホウオウがなめて突っ張ってくるのでめちゃくちゃ刺さった。

なおほとんどの試合でホウオウ対面は上から聖なる炎で焼かれて無残に散っていった。

 

メタモン@拘りスカーフ

f:id:satooooooooo:20220302172306p:plain

特性:変わり者

 

構築のどのポケモンもザシアンに突破される展開を作られてしまうのでそこの切り返しとして。特に語ることがない。

シーズンを通して10戦も投げてない。もう少し適切なポケモンがいたかなって感想。ただ終盤増加していたザシアン+黒バドレックスに同時選出させないという役割はまあまあ大きかった。(ザシアンをコピーされた際の引き先→ヌオーなどが必須、黒バドレックスをコピーされた際の引き先→ラッキーなどが必須=同時選出する際には枠が足りない)

あんまり強くないし選出に組み込みにくい。

 

【選出】

基本選出(体感8割)

f:id:satooooooooo:20220302173532p:plain f:id:satooooooooo:20220302173300p:plainf:id:satooooooooo:20210901204204p:plain

 

ホウオウ入、TODしたい時(体感1割)

f:id:satooooooooo:20210910032220p:plain@2

 

オーガ入、ダイナやばそうな時(体感0.5割)

f:id:satooooooooo:20220302173736p:plain@2

 

相手がコピーザシアンのケアを出来なそうな時、ゼルネやばい時(体感0.5割)

f:id:satooooooooo:20220302173656p:plain @2

 

上でも伝わるとは思うが、よほどでない限りイベザシマンムーでプレイング次第だが対応できる。

 

 

 

ここからは余談になるが、この環境で全てをケアできる構築を組むことは現状難しいと感じた(シーズン終盤でホウオウが割といけそうと思ったが)。なので、相手にオーガがいるからトドンを投げる、などといった選出をするよりも、見せ合い画面で強力な圧力を与え、選出を抑制できたり技選択をしにくくさせるポケモンで固める方が強いと感じた。多分正解ではないと思うし勝ちきれない原因であったと思うが、ある程度このように割り切り、パワーを押し付けていくほうが現環境の対面構築は良いのではないか、と結論に至った。

 

 

【最後に】

今シーズンは大学も休みに入り、ポケモンに打ち込める月であったために"最終1桁"という目標を掲げてやっていました。真摯にポケモンに向き合い、それが身を結び3/1のAM8:30には5位を拝めたりなどもできました。しかし最後30分で目まぐるしく順位が変動し、AM8:59にはとうとう9位に。ここから潜るかどうか悩みましたが、弱気になってしまい終了。結果は1つ順位を下げた10位となり、目標としていた最終1桁を眼の前で逃してしまいました。今までの自分からすると最終10位も出来すぎた結果ではありますが、シーズンが終わってからはその喜びというよりも、最後潜ることの出来なかった己の弱さ・未熟さを痛感し、悔しい・悲しいといった感情の方が強いです。もう2度とこんな思いを味わわないようにも、もっと強くなって再び最終1桁を目指そうと思います。

 

来期はやんないかも〜〜〜〜(いつもの)

 

 

稚拙な文章でしたが、ここまで閲覧してくださりありがとうございました。

質問・感想などはTwitter佐藤 (@Satooo_poke) | Twitter

【S24最終16位/2056】Hello, dear my dream

f:id:satooooooooo:20211201175858j:image

初めましての方は初めまして。佐藤と申すものです。

今回は自己ベストとなる順位を達成することが出来たので使用した構築を記したいと思います。

 

 

【結果】

TN: Contrail         最終16位/レート2056

f:id:satooooooooo:20211201175736j:image
f:id:satooooooooo:20211201175739j:image

 

【使用構築】

f:id:satooooooooo:20211201175757j:image

 

【構築経緯】

0.

BDSPが発売され、ディアルガが使いたいと思い軸に据えた。初めは環境で一番多い命の珠を持ったダイマアタッカーを使っていたが、エースバーン・ウーラオス・ザシアンなどといった高火力で上から弱点を付いてくるポケモンが環境に多く、簡単に切り返されてしまうため弱いと感じた。そのため、ディアルガの型変更を決意。

 

1.  f:id:satooooooooo:20211201173008p:plain 

冠環境の時に存在した"鉄壁弱保ジバコイル"と同様の動きがディアルガもできると考えたため、弱点保険ディアルガを軸として採用。

 

2.  f:id:satooooooooo:20210910031617p:plain

ディアルガは現環境において遅く、上から殴られて潰されることが多かったのでS操作をできつつ、初手に呼びやすいウーラオスやエースバーンに強い後攻の尻尾レヒレを軸として採用。

 

3.  f:id:satooooooooo:20210910032253p:plain

上記2体で荒らした後のスイーパーとして襷枠を考える。個人的に現環境において頭一つ抜けて強いと思っている襷悪ウーラオスを軸として採用。

 

(以下補完)

4.  f:id:satooooooooo:20210910033038p:plain

ザシアンにトリックが無効ということでザシアン軸に対してレヒレを投げ辛いことや、ステルスロックが欲しい場面があったのでそれらを満たせる満腹お香メタグロスを採用。

 

5.  f:id:satooooooooo:20210910033231p:plain

相手目線、選出画面において初手ダイマに見えやすいようにミミラオスと並べたかった。当初は剣舞アタッカーやイバン型を使っていたが、どれも役割が構築内で存在しておらずしっくりこなかったので、S操作が出来つつ、構築単位で厳しいイベルやホウオウ、ムゲンダイナ絡みの受け構築をぐちゃぐちゃに出来る呑気のお香ミミッキュを採用。ちなみに何も持たせる物がなかったのでワンチャンを掴める呑気のお香とした。

 

6.  f:id:satooooooooo:20210701202743p:plainf:id:satooooooooo:20200802173454p:plain

オーガやイベル、ダイナが重かったのでその辺りに強そうな命の珠カイリューを採用していた。だが結局それらの相手にも勝率が悪かったので変更を決意。

カイリューの良くなかった点として、取り巻きに勝てなかったり、火力不足で結局押し負けたり、尻尾トリックをしてからダイジェットをする展開になった際に珠ダメでマルスケが無意味になり、実質特性が無い状態で戦わなければいけなくなったりすることが挙げられた。これらを解決できるポケモンとして命の珠パッチラゴンを採用。

 

f:id:satooooooooo:20211201173008p:plain f:id:satooooooooo:20210910033231p:plain f:id:satooooooooo:20210910032253p:plainf:id:satooooooooo:20210910031617p:plain f:id:satooooooooo:20210910033038p:plain f:id:satooooooooo:20200802173454p:plain

以上の6体で構築が完成。

相手目線"初手ダイマディアルガ+イバンミミッキュ+襷ラオス"に見えるような配置。

構築名は五等分の花嫁のキャラソンから。「ディアルガ」と聞いて思い浮かんだ単語が「dear」であったため。深い意味はない。

 

【個体解説】

(※並び順に解説)

ディアルガ@弱点保険

f:id:satooooooooo:20211201173608p:plain

 

特性:プレッシャー

性格:図太い

実数値:195(156)-126-189(252)-179(68)-121(4)-114(28)

技構成:流星群/ラスターカノン/ボディプレス/鉄壁

 

<調整意図>

B:ボディプレスのために特化

HB:なるべく高く

C:+2ダイドラグーンでDMエースバーンを珠ダメ込み確定1発

D:余り

S:準速テッカグヤ抜き

 

最強の軸。後述するレヒレグロスの尻尾トリックから展開する。主な動きとしては、初手エスバやランドに尻尾トリック→上から鉄壁を積みつつ弱保起動→BC+2のディアルガで無双。ただ非DM状態でエスバの飛び膝蹴りやランドの地震を食らうのでHP管理がかなりシビア。

技構成としては、タイプ一致の流星群とラスターカノン、コンセプトの鉄壁。そして鉄壁やダイスチルとの相性が良いボディプレス。この技を採用することでラッキーやハピナス、ポリゴン2の特殊受けや日食ネクロズマに強くなる点が素晴らしかった。

要塞ポケモンの宿命ではあるが幾度となく急所で負けた。割り切って使いましょう。

 

ミミッキュ@呑気のお香

f:id:satooooooooo:20211201173904g:plain

 

特性:化けの皮

性格:陽気(BOXにいた個体を流用した、臆病を推奨)

実数値:162(252)-×-101(4)-×-125-162(252)

技構成:電磁波/呪い/痛み分け/身代わり

 

受けをグチャグチャにする枠。特にイベル絡みの受けが終盤増殖しており、レヒレグロスの尻尾トリックがあまり有効に働かなかったため初手投げをしていた。後述するパッチラゴンと合わせるとイベル軸に全勝することが出来たためかなり環境に刺さっていたと感じる。またゼルネやジガルデもきついので積極的に投げていた。

0ウェポンのメンヘラミミッキュの持ち物として他に広角レンズや回復実を試したがどれもしっくりこなかったので呑気のお香。「光の粉」で検索にヒットしたり、パーティ画像を見て不快な気持ちにさせないように呑気のお香で誤魔化している。特に持たせる物がなかったのでその中でも一番強そうな物を持たせたが、電磁波と身代わりを駆使することでこちら側が有利な運ゲーを仕掛けることができる。技を避けるより麻痺バグで悪いことしてた。今まで「粉ミミッキュはゴミ!!」と頭ごなしに否定していたが、使ってみてまあまあ確率上では有利であり、そこまで否定されるようなものでは無いように感じた。けど相手に使われたら100%イライラするのでやっぱりゴミ。

初手イベルで挑発してきたり悪の波動で怯ませて突破してくる民だけは許せない。

 

ウーラオス(一撃の型)@気合の襷

f:id:satooooooooo:20200802173611g:plain

 

特性:不可視の拳

性格:意地っ張り

実数値:175-200(252)-121(4)-×-80-149(252)

技構成:暗黒強打/インファイト/不意打ち/挑発

 

最強の襷枠。相手のダイマさえも暗黒強打+不意打ちでワンチャン縛れてしまうのがバグ。また意地っ張りにすることでHBサンダーの後出しも許さない。(55.8%)

挑発の枠はカウンターやストーンエッジにするかずっと悩んでいたが、ダイウォールの媒体になったり、めんどくさいことをしてくる相手に有用だったので間違ってはいなかったと思う。

これと言って語ることがないくらい最強。ちなみに不意打ちのPPは"あえて"増やしていない。これはPP切れたから普通に殴るかって思考になり、不意打ち択で負けた際に「PP無かったししょうがないな」と気持ちが沈むのを少しでも抑えるためである。決してポイントアップが勿体無いとかいう話ではない。決して。

 

カプ・レヒレ@後攻の尻尾

f:id:satooooooooo:20211201174138p:plain

 

特性:ミストメイカ

性格:図太い

実数値:177(252)-×-165(116)-115-168(140)-105

技構成:ムーンフォース/自然の怒り/挑発/トリック

 

<調整意図>

HB:特化エスバのダストシュート93.8%で耐え

HD:余り、なるべく高く(眼鏡オーガの雷意識でもう少しあげるべきだったかも)

 

大体の攻撃を一度は耐えるため初手投げ性能が高く、役割を遂行できる。特に構築上で初手にエスバやラオス、ランドを誘うように組んでおり、それらのポケモンに尻尾トリックを出来た瞬間にディアルガの通りが良くなるので相性が良かった。

終盤はザシアンが減ったためかなり出せる構築が多かったように感じる。イベル入りにも投げていきたいが、結局トリックする際にドヒドに引かれてあんまり美味しくないので選出は控えめ。ただ黒バドやオーガ軸にはかなり強いのがgood。

初手カバラグと対面した時、上から挑発できずにステロ撒かれるの世界一悲しい。

 

メタグロス@満腹お香

f:id:satooooooooo:20211201174241p:plain

特性:クリアボディ

性格:慎重

実数値:187(252)-155-168(140)-×-137(116)-90

技構成:アイアンヘッド/地震/トリック/ステルスロック

 

<調整意図>

HB:特化悪ラオスの暗黒強打87.5%で耐え

HD:無補正珠サンダーのダイバーン68.8%で耐え

 

(追記)

腕白にすれば効率が良くなって努力値が余るそうです。皆さんはぜひそうしてください。

 

ヒレが投げれないザシアン軸に投げていけるように調整先を考えた。他にもステロが欲しくてワンパンされなそうな相手なら優先して投げる。ただ初手に投げられやすいランドにダイアースでワンパンされることが稀にあったのでもう少しHBに厚くするべきだった。サンダーにダイバーン打たれたの1回だけだったし。

また重すぎるゼルネ軸に対してはこいつでダイマして撃ち合うゲームプランを組み立てる。最終日1回だけ当たったが勝つことができたので採用して良かった。

技構成に関してはゼルネをダイスチルでワンパンするためにアイアンヘッド、ザシアンを削れる地震、コンセプトのトリック、ザシアン軸にほぼほぼいる襷を削るためのステロ。自爆やリフレクター、光の壁が欲しい場面もあったがどれも切ることはできなかった。

あんまり出さなかったが、レヒレを選出した試合でステロが欲しかったなぁ、と思うことがそこそこあったのでもう少し出すべきだったかも。

 

パッチラゴン@命の珠

f:id:satooooooooo:20200802173623g:plain

 

特性:はりきり

性格:陽気

実数値:165-152(252)-111(4)-×-90-139(252)

技構成:電撃嘴/逆鱗/地震/燕返し

 

<調整意図>

S:最速(ムゲンダイナや最速以外のザシアンを意識)

 

最終日のAM6:00に構築に入ってきたラストピース。ディアルガが勝てないイベルタルカイオーガ軸に取り巻きを含めて刺さっていることが何より環境に刺さっていた。イベルタル対面はダイサンダーで勝つことができ、取り巻きのラキドヒドにも強い。またオーガ軸に関してはオーガに強いのは言うまでもなく、取り巻きのエスバサンダーナット辺りをすべて破壊できる。カバがいる場合のみミミッキュやレヒレで削ってあげる必要があるが。またザシアン軸にも一応投げることができるように地震にしている。

期待以上の働きをしてくれ、2000から潜った6試合のうち、4試合に選出して相手を破壊した。こいつがいなければこの結果は無かったと言っても過言ではない。

DMしていない時は相手にダメージを与えることが出来ないカスなのでこいつを通す時は3ターンのDMで相手を仕留めにいく必要があることだけ注意。

 

【選出】

VSザシアン(有利)  f:id:satooooooooo:20210901204326p:plain

f:id:satooooooooo:20210910033038p:plain f:id:satooooooooo:20211201173008p:plain f:id:satooooooooo:20210308185857p:plain

グロスでトリックをしつつステロを撒く。そこからディアルガの鉄壁弱保のエサにしてすべてを薙ぎ払う。んでラオスで詰める。

 

VSイベルタル(微有利) f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain

f:id:satooooooooo:20210910033231p:plain f:id:satooooooooo:20200802173454p:plain f:id:satooooooooo:20200802173507p:plain

初手ミミッキュで荒らしてパッチで殴り倒しラオスで詰める。

イベル+受け駒ならまあまあ勝てるが、イベル+襷みたいな投げられ方をすると少し窮屈になる。

 

VSカイオーガ(トントン)f:id:satooooooooo:20210901204150p:plain

→ f:id:satooooooooo:20210910031617p:plain f:id:satooooooooo:20200802173454p:plainf:id:satooooooooo:20200802173507p:plain

ヒレでトリックしつつ雑に削り、パッチのジェットの起点にする。一度ジェットを詰めたパッチは止められない。またまたまた最後はラオスで詰める。

カバやランドの地面が入ってる構築は少し複雑になる。レヒレで削れればいいが、そうでない場合は先にラオスを投げて削ったり、稀にミミッキュを投げてカバの削りを遂行することも考える。

 

VS黒バドレックス(微不利) f:id:satooooooooo:20210901204218p:plain

f:id:satooooooooo:20210701202627p:plain f:id:satooooooooo:20211201173008p:plainf:id:satooooooooo:20210308185857p:plain

相手の黒バドにトリックを当てることができるかどうかがカギになる。出来なかった試合はどのようにしてラオスを動かすのかを考えなければいけない。また不意打ち択が勝負を分けるのでかなり心臓に悪い。

初手レヒレバド対面で「トリックするやで〜^^」って突っ込んだら身代わりされて泣いた。

 

VSネクロズマ(トントン) f:id:satooooooooo:20210901204131p:plain

f:id:satooooooooo:20210701202627p:plainor f:id:satooooooooo:20210910033038p:plain f:id:satooooooooo:20211201173008p:plain f:id:satooooooooo:20210308185857p:plain

基本的な立ち回りは同じだが、ステロがどうしても必要になりそうな場合のみグロスを投げる。DM権がなくなったネクロには対面ラオスが勝てるのでいかに相手にDMを切らせるかが重要であった。またコスパやダイスチルでBを上げられなければディアルガが鉄壁ボディプで勝てる。

 

VSムゲンダイナ(微不利) f:id:satooooooooo:20210901204223p:plain

初手要因@2

ガチガチの受けの場合はミミッキュ、そうでない場合はレヒレorグロスを初手要因として投げる。そこからはパッチディアルガラオスでどう崩すかを考える。

ダイナラキムドーはディアルガでもパッチラゴンでも破壊できるのでいかに積める対面を作り出すかが重要。

身代わり持ち、ガチでキツイです。

 

VSホウオウ(トントン) f:id:satooooooooo:20211201175200p:plain

f:id:satooooooooo:20210910033231p:plainf:id:satooooooooo:20200802173454p:plainf:id:satooooooooo:20200802173507p:plain

ミミッキュで荒らしてパッチで暴れてラオスで詰める。パッチラゴンがかなり刺さっているのでがんばらせる。聖なる炎火傷や張り切りの命中率が絡んでくるので本当に心臓に悪い。

 

VSゼルネ(不利) f:id:satooooooooo:20210901204313p:plain

→ f:id:satooooooooo:20210910033038p:plain f:id:satooooooooo:20210910033231p:plain@1

グロスでゼルネにダイマを合わせなければ負け。あとゼルネ以外の積みポケ(ランドやガモス)が鬼ほどきつい。勝てればラッキー。ミミッキュで悪さをしてゼルネをどうにかすることもできなくもない。

 

ご覧になったらお分かりのように、基本的に初手でS操作して起点を作ってDMエースで荒らしてラオスで詰める、といった比較的簡単な構築になっています。

 

【最後に】

今シーズンは最終10位代を取ることを目標に掲げてやってきたので、有言実行することが出来てとても嬉しいばかりです。ただそれと同時に最終1桁への壁をすごく感じるシーズンにもなりました。今シーズンは目標達成のために潜るのをやめて保存してしまいましたが、来期以降は「最終1桁」だけを目標にして恐れずに戦っていきたいと感じます。

来期は多分しないと思いますが...

 

【Special Thanks】

ディアルガを貸してくださったぐらんさん、まど君

・通話してくださった五ガイ、澤村さん

・DMでお話ししてくださった方々

・応援してくださった方々

・ここまで読んでくださった方々

 

 

稚拙な文章でしたが、ここまで閲覧してくださりありがとうございました。

質問や感想など → Twitter佐藤 (@Satooo_poke) | Twitter

 

【S23最終38位/レート2058】ザシレヒレランド

f:id:satooooooooo:20211101092159j:image

初めましての方は初めまして。佐藤と申す者です。

 

来期以降ルールが変わり、需要がないと思うので簡素に書いております。

 

 

【結果】

TN: CtR      最高最終 38位/レート2058

f:id:satooooooooo:20211101113430j:image
f:id:satooooooooo:20211101113428j:image

 

【使用構築】

f:id:satooooooooo:20211101092633j:image

 

【構築経緯】

最速ザシアンが強いと思ったのでローラー様の構築を参考(丸パクリ)した。

参考記事↓

t.co

(ご本人様より掲載許可をいただいております。ありがとうございます。)

 

【個体解説】

ザシアン@不撓の剣

f:id:satooooooooo:20211101093256j:image

 

どこぞの馬の骨か分からないヤツは使いたくないので自己産非色違い。

今期は色違いザシアンの配布によりザシアンが増加すると予想。そのため最速がザシアン構築に対して最も強く動けると考えた。また+3じゃれつくでHBサンダーをワンパンしたいためASに振り切っている。

基本的にミラーは上を取れてる前提で動くので、後に記述するランドロスのゴツメで削ってから上から処理を考える。また剣舞を積めると流行りのザシアンサンダートドンの並びを一体でボコボコにできることができる。静電気ガチャについてはミストフィールドと合わせて動かすため特に気にしなくて良いのがポイント。

ガチで最強だった。逆張りでこれまであんまりザシアン使ってなかったのが勿体ない。

 

カプ・レヒレ@拘り眼鏡

f:id:satooooooooo:20211101093247j:image

 

上にも述べた通り、サンダーザシアンの並びに初手から投げてフィールドを展開するゲームプランを組み立てるので、対面HBサンダーに勝つことが必要とされた。そのため最速CS眼鏡で採用。基本的に相手のサンダーは突っ張ってくるので、ボルチェンをされても裏のザシアンのじゃれつく圏内に入っているため、剣舞をしなければいけないといったプランを排除できる。

最速にしたことでミラーに強いのは勿論、オーガやゼルネの上を取れてることもあり、選出に組み込みやすかった。

冷凍ビームが欲しい場面がほぼなかったので、原案通りトリトドンガマゲロゲをワンパンできる草結びの使用感が良かった。

とにかくフィールドが偉い。ザシアンが静電気ガチャに巻き込まれないだけで存在価値がある。

 

ランドロス@ゴツゴツメット

f:id:satooooooooo:20211101094452j:image

 

ザシアンに対しての後投げ性能があり、汎用性も高いゴツメランドロス。原案の記事にも記述されていたが、特性の「威嚇」がとても偉かった。ランドを巨獣斬+氷の牙で倒してくるザシアンが一定数おり、ランドロスが何も出来ずに倒されてしまうことがあったが、その際は死に出しザシアンの剣舞が安定(同速負けは非考慮)し、裏のポケモンまで貫いていけるため問題なかった。

岩技が欲しい場面があまりなく、その枠に採用されている草結びはトリトドンやヌオーに撃つ機会がまあまああったため偉かった。

マンムーやガブなどの襷、ヒトムやガモスなどの炎タイプのザシアン受けが相手の構築にいる時はステロをどうにかして撒くゲームプランを組み立てる。

 

ヒードラン@残飯

f:id:satooooooooo:20211101093251j:image

 

ダイナ、ネクロ軸に投げる。そして何よりメタモン対策となっている。こちらのザシアンがヒードランに対して通る技がないのでコピーされても後投げから処理が可能。ザシアン軸はメタモンの対策が難しいと感じていたが、原案の記事を読んでその発想に脱帽した。

Sにそこそこ割いていることからミラーに強いのはもちろん、相手のネクロズマランドロスより速い場面も多々あったので動かしやすかった。

地震ネクロは知らん。終盤当たった地震搭載のプレイヤーはTNを控えることで対策とした。なお控えたところで地震があるとネクロには誰も勝てない。

 

ポリゴン2@進化の輝石
f:id:satooooooooo:20211101093253j:image

 

黒バド対策。最終盤にめちゃくちゃ増加したのでそれなりに活躍した。

原案とは違って全バドに安定するようにHBDに振り分けた。これによりバド軸以外には投げることはなくなったが、役割対象であるバドに安定するので間違っていなかったと感じる。

バド対策の筆頭として挙げられるけどそんなに対策になってない。まずメガネか襷かでプレイングが変わるため、眼鏡読みでポリ2に引いたら悪巧みされて殴られて負け、ってことがよくあったので見極めて行動を選択しなければいけない。

てか最終盤黒バド増えすぎね。結構な人がバド使いは目の前が見えてないって言ってるけどまあその通りであった。キツい。

 

カイリュー@拘り鉢巻

f:id:satooooooooo:20211101093258j:image

ここまでで重めなオーガ、ホウオウ、ねばねばネット軸に投げる。

原案とは違って最速にしている理由としては、環境にいる眼鏡オーガは準速(S142)がほとんどであり、カイリューが準速(S132)だと上から冷凍ビームでマルスケ込でもワンパンされてしまうのを嫌ったためである。Aに補正が無くても無振りオーガなら高乱数でワンパンできるため比較的安定したと思う。

岩雪崩を採用することで逆鱗でも貫けないホウオウを倒すことができる。ただそれなり読まれるのでホウオウループに対しては岩雪崩を隠しながら釣り交換をしまくつて数回サイクルを回して、相手の思考をバグらせて対面でようやくブチ込むというゲームプランを取らなければいけないためキツい。

ザシアン軸には投げれないが、それ以外の刺さっている構築にはめちゃくちゃ強かった。

 

【選出】

vsザシアンサンダー(メタモン無)  f:id:satooooooooo:20210901204326p:plainf:id:satooooooooo:20210910032220p:plainf:id:satooooooooo:20211101111144p:plain

ヒレランドザシアン

構築相性:有利

 

大体初手にレヒレを投げてフィールドを展開しながら雑削りをする。ザシアンと対面した場合はランドに引いて蜻蛉返りからザシアンを着地させる。相手のサンダーに対してもミストフィールドがあるため静電気ガチャを回避出来る。

 

 

vsザシアンサンダー(メタモン有)  f:id:satooooooooo:20210901204326p:plainf:id:satooooooooo:20210910032220p:plainf:id:satooooooooo:20211101111212p:plain


ザシアンランドドラン

構築相性:微有利

 

初手サンダー対面は剣舞してサンダーを倒す。麻痺してもサンダーさえ倒せれば裏のランドドランでだいたい詰めることが出来た。

マグストとじゃれつくと静電気といった運要素がかなり絡んでいるがまあまあ有利。

 

vs黒バド f:id:satooooooooo:20211101111232p:plainf:id:satooooooooo:20210910031701p:plainf:id:satooooooooo:20210910031102p:plain


ザシアンポリ2@1

構築相性:トントン

 

初手黒バドに対してはポリ2に引く。ここで悪巧みは即負けポイント1。無事アストラビを透かせた場合は相手がウーラオスを後投げしてくるので、ランドを投げてる場合はトラアタ、その他の場合は釣り交換をしかける。ランドならトラアタ+ゴツメダメで処理。ランド投げれなければ地獄の釣り交換。即負けポイント2。

眼鏡かタスキかによって様々な場面でプレイングが変わるので相手の構築を見極める必要があった。

 

vsムゲンバンギカグヤメタモン f:id:satooooooooo:20211101111317p:plainf:id:satooooooooo:20210801103832p:plainf:id:satooooooooo:20210910033053p:plainf:id:satooooooooo:20211101111212p:plain


ザシアンドラン@1(レヒレorカイリューが多め)

構築相性:微有利

 

ザシアンとドランがかなり強く出れるのでまあまあ勝てる。カイリューを選出することが出来たら有利。ただドランメタでレヒレスイクンを投げられることがあったのでその場合はレヒレって感じ。

ヌオーがいると微不利になる。ドランでヌオーをじゃれつく圏内まで頑張って削ってザシアンを通すしか勝ち筋がない。それしたらメタモンで終わるけどランドいるからカグヤ投げろや!!って言って選出から切っていた。

1回だけヌオーをじゃれ+炎の牙怯み+じゃれで突破しました。謝罪。

 

vsオーガサンダー f:id:satooooooooo:20210901204150p:plainf:id:satooooooooo:20210910032220p:plain

ザシアンカイリュー@1

構築相性:微不利

 

ザシアン意識でサンダーから入られることが多いのでレヒレをまあまあ初手に投げてた。フィールドを展開しつつ圏内に押し込むといった伝統芸を披露する。

なおスカーフ無理。他にもメタモンいたらドラン投げなきゃいけないけどガブいたら誰も受からないからランド投げなければいけない。といったようにかなり選出択になる。そのため数多のガブリアスに3タテされた。

 

vsネクロ f:id:satooooooooo:20210901204131p:plainf:id:satooooooooo:20210910031102p:plainf:id:satooooooooo:20210910031617p:plain

ザシアンドランレヒレorポリ2

構築相性:トントン(地震搭載超絶不利)

 

まあまあレヒレか投げられるのでザシアンを合わせたら剣舞で負荷をかけていく。基本的にネクロに対してはドランの後投げが安定だという思考で立ち回る。地震搭載はあまりいなかったのでどうにかなっていた。ウーラオスやウオノラゴンがいるとドランに後投げされて貫かれるため、釣り交換をしなければいけないので厳しくなる。

 

vsホウオウループ f:id:satooooooooo:20211101111505p:plainf:id:satooooooooo:20211101111515p:plainf:id:satooooooooo:20211101111545p:plain



カイリューザシアンレヒレ

構築相性:不利

 

カイリューを初手に合わせる。相手が居座って来るのなら岩雪崩で良いが、諸々のケアでブルルに引かれることが多かった。そのため岩雪崩を隠しながら上手いことサイクルを回し、ホウオウカイリュー対面を作ってから、ホウオウを倒せる岩雪崩か、ブルルを倒せるダブルウイングか、ヌオーをザシアン圏内に押し込める逆鱗を押すのかといったかなりピーキーな闘いが強いられる。まあ勝てない。

 

【重いポケモン

メタモンf:id:satooooooooo:20211101111212p:plain

ザシアンを投げる場合はドランをセットで投げなければいけない。ダイナ軸なら問題ないが、オーガ軸にいるやつは地獄。

 

・最速剣舞氷の牙ザシアンf:id:satooooooooo:20210901204326p:plain

初手レヒレ対面剣舞→ランドに対して氷の牙でワンパン→同速ミラーでワンパン

これされると4ターンで試合が終わる。氷の牙無いお祈りか、ゴツメダメ1回+巨獣斬で落とせるかお祈りする。

 

・ホウオウループf:id:satooooooooo:20211101111505p:plain

無理。

 

・ビルドランドf:id:satooooooooo:20210910031102p:plain

ヒレ投げれないと死亡。メタモン入にランドドランザシアンって投げて初手身代わりされて2ターン目で降参した。

 

【最後に】

一般的なザシアン軸にはほとんど勝つことができる構築を組めた(パクった)のが勝てた要因でした。また構築の練度が低いので不利マッチは釣り交換をしまくりました。噛み合ってなかったら、と考えると非常に恐ろしいです。

最終日の日付けが変わる頃までずっと2000位にいましたが、そこからなぜか14連勝?くらいしたのでこんな結果になりました。ずっと言ってますが、諦めなければ虹は掴める、ということが改めて実感出来ました。

今シーズンは最終2桁後半ラインで保存せずに、最終2桁前半を目指して潜ることができ、少し己が強くなったと思います。来シーズン以降は自己ベスト、また最終1桁を目指して潜っていこうかな。やるか分からんけど(n回目)

 

 

 

【おまけ(TN由来)】

今回のTNである " CtR " ですが、水瀬いのりさんの

「Catch the Rainbow!」

と言った楽曲の略称から拝借しました。

この曲は、すごく真っ直ぐな歌詞が多く、背中を押され元気づけられるものとなっています。また「Rainbow」には"夢"という意味もあり、「夢を掴む」といった意味合いも含んでいます。そのため、自分を勇気づけて夢を追いかけるためこのTNにしました。

あまり長く語りすぎてもあれなので1度聞いてみてください。そこから沼にハマって仲良くしてくれればなと思います。

MV↓

www.youtube.com

 

稚拙な文章でしたがここまで閲覧してくださりありがとうございました。

 

Twitter佐藤 (@Satooo_poke) | Twitter

 

 

 

 

 

Inori Minase's Music TOP30

f:id:satooooooooo:20211018160215j:image

 

※私的

 

1. Innocent Flower

2. 水彩メモリー

3. Starlight Museum

4. アルペジオ

5. 僕らは今

6. コイセヨオトメ

7. Lucky Clover

8. クリスタライズ

9. 星屑のコントレイル

10. HELLO HORIZON

11. identity

12. Ready Steady Go!

13. Catch the Rainbow!

14. Kitty Cat Adventure

15. 思い出のカケラ

16. brave climber

17. Well Wishing Word

18. ピュアフレーム

19. harmony ribbon

20. Starry Wish

21. Sweet Melody

22. Million Futures

23. 夢のつぼみ

24. TRUST IN ETERNITY

25. ココロはMerry-Go-Round

26. BLUE COMPASS

27. Morning Prism

28. Step up!

29. Shoo-Bee-Doo-Wap-Wap!

30. Winter Wonder Wander!

 

10/18更新

 

【S21最終84位/レート2106】流星イベルノラゴン

 

f:id:satooooooooo:20210901215425p:image

初めましての方は初めまして。佐藤と申す者です。

 

今回はランクマッチをする上で大きな目標としていたレート2100を達成することができたので記事に残そうと思います。構築自体は最終日早朝4時に急遽作ったモノなので欠陥多めです。

 

 

【結果】

TN:さとぅー  最高最終2106/84位

f:id:satooooooooo:20210901215518j:image

 

TN:中野三玖→つばくろう 最高2000 最終4桁

f:id:satooooooooo:20210901215529j:image

 

【使用構築】

f:id:satooooooooo:20210901215439j:image

 

 

【構築経緯】

0.  f:id:satooooooooo:20210901204326p:plain f:id:satooooooooo:20210901204218p:plain

早朝4時までネット+ザシアンや黒バドを使い回していたが全く勝てなかった。そのため急遽構築をイチから作成することに。

 

1.  f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain

それまでのマッチングを遡ると禁伝枠がザシアンか黒バドの構築が体感多かったので特に黒バドに強いイベルタルを使用。スカーフを持たせイカサマを搭載することでザシアンの後出しも許さない。

 

2.  f:id:satooooooooo:20210901204803p:plain f:id:satooooooooo:20210901204809p:plain

スカーフイベルだけではザシアンに勝てないので、以前使っていた構築でザシアンに強く、使いやすかったゴツメカバルドン砂かきウオノラゴンを採用。これを基本選出に据える。

 

3.  f:id:satooooooooo:20210901204833p:plain

各伝説の対策枠を考える。この時、露骨なメタを張るのではなく(例:オーガ→トドンやゲロゲ)なるべく汎用性は損なわずに少し曖昧なメタくらいが個人的にはちょうど良い。まずはゼルネアスやオーガに対して抗えるヨプナットレイを採用。

 

4.  f:id:satooooooooo:20210901204916p:plain

次はムゲンダイナやゼルネアス+ウルガモスに抗えそうなヘドロヤドキングを採用。

 

5.   f:id:satooooooooo:20210901204920p:plain

最後に、終盤にかけて増えたマンムーモロバレル、さらにはヒヒダルマにも強い眠カゴヒートロトムを採用。

 

f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain f:id:satooooooooo:20210901204920p:plain f:id:satooooooooo:20210901204833p:plain f:id:satooooooooo:20210901204809p:plain f:id:satooooooooo:20210901204916p:plain f:id:satooooooooo:20210901204803p:plain

以上の6匹で構築が完成。見た目は40点。

 

 

【個体解説】 

イベルタル@拘りスカーフ

f:id:satooooooooo:20210901205843p:plain

特性:ダオーラ

性格:臆病

実数値:201-135-115-183(252)-119(4)-166(252)

技構成:悪の波動/デスウイング/イカサマ/蜻蛉返り

 

禁伝枠。個人的に対策が難しいと感じている黒バドレックスに強いのがウリ。基本的には初手に出して様子を見て、上から殴るか蜻蛉で逃げるかを選択。速い怯み技持ちってことだけで強かった。結構強引に怯みで突破を狙うこともしばしば。

イカサマはザシアンの後投げにぶつけることで相手の個体によっては半分はいるので、そのまま上から倒すことができるため強力だった。また構築で初手に誘いやすいヒヒダルマイカサマで処することも。ただたまに鉢巻ゴリラのグラスラ耐えまで耐久に回している人がいるので気をつけなければいけなかった。

スカーフが活きる場面が想定より少なかったのでチョッキで良かったのかもしれない。ただ蜻蛉返りはめちゃめちゃ偉く、相手のバンギ後投げに対して合わせてノラゴン降臨という動きができる。ノラゴンとの縦の相性は良かったように感じる。

 

 

ヒートロトム@カゴのみ

f:id:satooooooooo:20210901210221g:plain

特性:浮遊

性格:図太い

実数値:157(252)-×-143(20)-136(84)-144(132)-109(20)

技構成:オーバーヒート/10万ボルト/悪巧み/眠る

 

調整意図(急遽だったので前期使ってた個体をそのまま採用した)

B.D:DL調整

 

もう少し時間があればもっといい調整を考えることができていたと思う。特にSラインは諸説。ただ偶然の産物としてDL調整が活きる試合が2試合ほどあった。上でも述べたように、この構築でキツいマンムーに強いのが偉い。またイベルタルが誘うレヒレやキッスなどにも有利なのも良い。

イベルが出しにくいようなザシアン軸に対しても代わりに出していける。最終戦(2100チャレ)でも獅子奮迅の働きだった。今回で言うとヒートロトムのように、終盤になって急に増加したポケモンたちに強いポケモンを構築に落とし込めていると勝てるということがわかった。

 

 

ナットレイ@ヨプの実

f:id:satooooooooo:20210901210229g:plain

特性:鉄の棘

性格:勇敢

実数値:181(252)-160(252)-151-×-137(4)-22

技構成:ジャイロボール/パワーウィップ/ステルスロック/やどりぎのタネ

 

ゼルネやオーガ入りに投げる。とは言ってもゼルネに関してはムンフォ+↑2気合玉をヨプ込みでは耐えることができなかったり、オーガは終盤メガネが多かったので後出しはほぼ不可能であった。そのため先発に合わせたり、後発で最後の〆として体力を管理する必要があった。

技構成に関してはパワーウィップが全く読まれなかったため、レヒレや水ラオスグラードンなどの後出しを咎めることができた。ステロに関してはほぼ打たなかったので叩き落とすとか大爆発とかで良かったかもしれない。基本選出がレヒレ重すぎなのでいかにしてこのポケモンで誤魔化すかが重要であった。

 

 

ウオノラゴン@命の珠

 

f:id:satooooooooo:20210901210254g:plain

特性:砂かき

性格:陽気

実数値:165-142(252)-121(4)-×-100-139(252)

技構成:エラがみ/流星群/けたぐり/身代わり

 

本構築のエース。基本的にはカバルドンとセットで出し、上からの制圧を狙う。

陽気である理由は、後述するカバが相手のノラゴンとの対面ができてしまった時に受け出して上から切り返すため。基本的に砂かきノラゴンはSが過剰になるため意地っ張り個体が多かったので大正解。火力に関してもゴツメダメ2回+エラがみでH252ザシアンが落ちるので問題なし。珠流星群で相手の無振りノラゴンは68.7%の乱数1発であるため性格は無邪気の方が良かったかもしれない。

流星群である理由は、相手の裏にザシアンがいるのに逆鱗で相手のノラゴンを倒すことを避けたいため。またドラゴンダイブではない理由は命中が安定しない(命中率75)ためである。

これにより相手の全てのウオノラゴンに対して後投げから切り返していける砂かきエースが誕生した。ただ現実はそう甘くなく、たまにカバノラゴン対面引き1点読みで龍技を打たれることもあった。だがバレてないうちは幾多数多のザシアン×ノラゴンを葬り去ってきた。

また撃ち分けできるウオノラゴンが想像以上に偉い。特筆すべきはナットレイ対面身代わりで宿り木の種を透かす→けたぐりでHDなら確2で落とせる、といった器用な動きも可能であった。

2100達成の立役者であり、イベルタルより遥かに強かった。

 

 

ヤドキング@黒いヘドロ

f:id:satooooooooo:20210901210533g:plain

 

特性:再生力

性格:穏やか

実数値:202(252)-×-101(4)-130-178(252)-50

技構成:サイコショック/火炎放射/瞑想/怠ける

 

主にダイナ受けとして採用。他にも構築で重いレヒレに何度も後投げできたり、ゼルネガモスみたいな壁展開にも1匹で倒せるほどのスペックを持っている。だが物理方面はめちゃくちゃに脆いので取り巻きでケアしてあげる必要があったり、場合によっては強気な読みが必要になったりするので技選択は丁寧に行っていた。

ダイナ受けとは言っているものの、特化メガネダイマ砲が受かっていない。かわいいね。ちなみにその試合は2ターンで降参しました。

 

 

カバルドン@ゴツゴツメット

 

f:id:satooooooooo:20210901210614g:plain


特性:砂起こし

性格:腕白

実数値:215(252)-132-187(252)-×-93(4)-55※個体値20、最遅ラグ抜かれ

技構成:地震/あくび/ステルスロック/怠ける

 

砂起動要員兼ザシアン削り。吹き飛ばしが無く身代わり持ちに起点にされまくるので基本的には初手から投げず、後発から雑に投げていく動きをする。特化ザシアンはカバルドンでさえ後投げできない火力であるが、その際はゴツメダメが2回入っているので裏からノラゴンが3ターン砂下で動くことができるため問題ない。

 

 

【選出】

vsザシアン →  f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain f:id:satooooooooo:20210901204803p:plain f:id:satooooooooo:20210901204809p:plain

・イベルで荒らしてカバで削ってノラゴンで殴ってイベルで〆

・イベルが出せなさそうな構築にはヒトムを投げる

・有利

 

vs黒バド  →  f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain f:id:satooooooooo:20210901204803p:plain f:id:satooooooooo:20210901204809p:plain 

・基本的にはイベル初手から蜻蛉などをしてノラゴンを通す

・有利

 

vsムゲンダイナf:id:satooooooooo:20210901204916p:plain f:id:satooooooooo:20210901204803p:plain ( f:id:satooooooooo:20210901204809p:plainor f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain)

・ノラゴンとイベルの選択は時と場合による

マンムーがいたらヒトムを出さなければいけない

ヤドキングが物理高火力と対面したらサイクルが崩壊するので気をつける

・微不利

 

vsカイオーガ f:id:satooooooooo:20210901204833p:plain f:id:satooooooooo:20210901204809p:plain f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain

・ナットもノラゴンも有限なので初手は合わせる必要があり

・イベルを初手に出せばオーガ対面ができても蜻蛉できるので初手投げが丸いかも

・微不利

 

vsイベルタル  →f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain(  f:id:satooooooooo:20210901204920p:plain f:id:satooooooooo:20210901204833p:plain  or f:id:satooooooooo:20210901204803p:plain f:id:satooooooooo:20210901204809p:plain )

・カバノラゴンと投げれればワンチャンあるがレヒレやドヒドがいたらヒトムナットしかない

・不利

 

vsゼルネアス  → f:id:satooooooooo:20210901204833p:plain f:id:satooooooooo:20210901204916p:plain f:id:satooooooooo:20210901204920p:plain

・ナットのHP管理は徹底する

・五分五分

 

vsジガルデ  →f:id:satooooooooo:20210901204204p:plain f:id:satooooooooo:20210901204916p:plain @1

・麻痺してもパーフェクトジガルデを抜けるので怯ませるしかない

・レヒレ受けにヤドキング

・超絶不利


 

【最後に】

この1年間以上、自分の目標であった「レート2100」を達成することができて本当に嬉しい限りです。早朝4時には700位まで転落し、撤退寸前でしたが諦めず潜った結果が最後にようやく上振れを持ってきてくれました。これで満足するのではなく、次なる目標である「最終1桁」を目指してこれからも励んでいこうと思います。めちゃくちゃ楽しくて一番記憶に刻まれるシーズンだった。ありがとう。

 

【Special Thanks】

・伊藤くん

・最終的に捨てちゃったけど構築レンタルを貸してくれてた西中

・色Gヤドキングを下さったぐらんさん

・五ガイ

・通話してくださった方々

・応援してくださった方々

・ここまで読んでくださった方々

 

 

稚拙な文章でしたがここまで閲覧してくださりありがとうございました。

Twitter 佐藤 (@Satooo_poke) | Twitter

 

 

 

 

【S20最終31位】星屑バンギゴリラカイリュー

f:id:satooooooooo:20210801092615p:image

初めましての方は初めまして。佐藤と申すものです。

 

目標としていた最終2桁前半を達成することができたので記事に残そうと思います。来期以降ルールが変わってしまうため非常に簡素に書いています。

 

 

【結果】

tn:Stardust  最高1995 最終爆死

tn:Contrail   最高最終31

f:id:satooooooooo:20210801111338j:image

tnの由来は「星屑のコントレイル」から

 

【使用構築】
f:id:satooooooooo:20210801092603j:image

 

【コンセプト】

バンギで相手を破壊orカイリューポリ2で詰め

 

【構築経緯】

1.  f:id:satooooooooo:20210801103832p:plain

中盤に流行したカバウツロナットサンダーのような構築などに対して積めれば1匹で試合を終わらせることができる珠バンギラスに注目。

2. f:id:satooooooooo:20210801103859p:plain

バンギの役割対象となるサンダーを呼びつつ蜻蛉返りで対面操作ができるチョッキゴリランダーを採用。

3.  f:id:satooooooooo:20210701202743p:plain

上記2体で厳しいエスバやラオス、ゴリラ、ノラゴンなどの安定した引き先としてカイリューを採用。バンギの砂を考えて食べ残しを持たせた。

4.  f:id:satooooooooo:20210801103942p:plain

ここまでで苦手なカバラグ展開やマンムーなどの氷の一環を解消できる眠カゴ水ロトムを採用。

5.  f:id:satooooooooo:20210801104014p:plain

ドラパカイリューランド辺りがキツかったので広範囲の物理と撃ち合えクッションにもなれるHBポリ2を採用。

6.  f:id:satooooooooo:20210701202618p:plain

電気の一環を切りたいのとバンギが出せない時にサンダーの処理に困ったりしたのでHDオボンランドロスを採用。

 

f:id:satooooooooo:20210701202743p:plain f:id:satooooooooo:20210701202618p:plain f:id:satooooooooo:20210801104014p:plain f:id:satooooooooo:20210801103859p:plain  f:id:satooooooooo:20210801103942p:plain f:id:satooooooooo:20210801103832p:plain

以上の6匹で構築が完成。

構築名は特に意味はない。TNにもなっている曲名から拝借し後ろに軸の3体を添えた。

 

 

【個体紹介】

カイリュー@食べ残し

f:id:satooooooooo:20210801092609j:plain

バンギの苦手なポケモンの引き先となれる。その上に自らの抜き性能があるのが偉く、カイリューの苦手なポリ2も基本的にはバンギのカモ(HBダイスチルには勝てない)なので相性が良かった。持ち物は砂嵐を考えて残飯。

構築単位でナットレイカミツルギが重すぎるので炎のパンチにした。それでも鉄壁ナットには誰も勝てない。あとウーラオス受けとかぬかしてるけど後投げして攻撃もらった後、相手はダイアイスを撃つのか引くのかはたまたインファで突っ張るのか様々なので安定しない要因でもあった。

 

ランドロス@オボンのみ
f:id:satooooooooo:20210801092606j:image

電気の一環を切りたかったので入れた。対処が難しいレボルトデンジュモクジバコイル辺りにしっかりと役割を遂行してくれたので良かった。あまり選出することはなかったものの、上2匹にカイリューと並べることでエースバーンの選出を抑制できていた...はず。出した時はちゃんと活躍するやつ。

 

ポリゴン2@進化の輝石
f:id:satooooooooo:20210801092612j:image

前期のアーモンドさんのをパクった。広範囲の物理をダイスチルイカサマを駆使することで相手にでき、なおかつトラアタ運ゲも健在なので純粋に強かった。この構築で処理が難しいミミッキュにも実は強いのが最高に良い。

 

ゴリランダー@突撃チョッキ
f:id:satooooooooo:20210801092559j:image

サンダーを誘いつつ蜻蛉で逃げてバンギラス対面を作るのが主な役割。また終盤のスイーパーになったり、重めなレヒレキュウコン、水ラオスにもそこそこ立ち回れるのが良い。

 

ロトム@カゴの実
f:id:satooooooooo:20210801092556j:image

カバラグ展開やポリドヒドを潰したり、マンムーやダルマの氷の一環を切れるのがめちゃんこ優秀。ただロトム系統にあるあるの、意外と耐久がないということを常に念頭に置いておかねばならない。hp管理は難しかったが上手く扱えれば環境にめちゃくちゃ刺さっていたように感じる。

 

バンギラス@命の珠
f:id:satooooooooo:20210801092553j:image

対カバウツロナットサンダー最終兵器。+1ダイアイスでHBカバがほぼ確定1発なのでサンダー対面ができれば竜舞して勝てる。実際にはそううまくいかないこともあり、ラオスが相手の構築にいる時は1サイクルはロクブラを当て、2サイクル目で待って全抜きというのが強力。他にも無振りDMテッカグヤを+1ダイバーンで50%の乱数だが倒すことができたり、砂ダメと+1ダイバーンで無振り悪ラオスが落ちるため相手目線見えない勝ち筋を追うことができた。超火力でたまらん。技構成はナットジバコを意識して炎技にしているが、水ラオスを意識して雷パンチでも良かったかもしれない。てか最終盤バンギラスに後投げしてきたのほとんど水ラオスだったから構築単位でナットに厚くして呑気に後投げしてくる水ラオスを分からせるべきだったのかもしれない。

 

【選出】

基本:バンギゴリラカイリュー

ラグ入り:ロトムを投げよう

あとは雰囲気で

 

【最後に】

最終2桁ギリギリのライン(レート2005)に乗って保存をするのではなく、最終2桁前半という目標を目指して潜った結果、このような成績を収めることができて本当に嬉しいです。ただ残り1時間で1勝すれば10位代も見えていたのにチキって潜ることをやめてしまったのは少し後悔。来期以降の環境はどうなるか分からないけど次の目標は最終20位代以上にしていきたいな〜

 

【Special Thanks】

・ハイドラ一緒に出てくれたそらまめさん、ありすくん

2人とも最終日に当たったけど一瞬でボコボコにされて草

・五ガイども

・水ロトムを提案してくれたマキっぺと西中

・通話してくださった方々

・応援してくださった方々

・最後まで読んでくださった方々

 

 

 

 

稚拙な文章でしたが、ここまで閲覧してくださりありがとうございました。

質問や感想など→ Twitter佐藤 (@Satooo_poke) | Twitter